【30日間無料体験+好きな本が1冊ただでもらえます】
Amazonの聴く読書Amazonオーディブル
今なら無料で好きな本(オーディオブック)が1冊もらえます!
※期間内に解約すれば完全無料

無料登録はこちら

【NFT初心者のための図解解説】OpenseaでNFTを安く買う方法

ティージェーの思う所
この記事は約6分で読めます。
Aさん
Aさん

OpenseaでNFTを買いたいけどガス代が高くてちょっと悩むわ。

ティージェー
ティージェー

イーサリアム上のブロックチェーンで取引すると手数料のガス代が高いですよね。

Openseaではイーサリアムのブロックチェーン以外にpolygonのブロックチェーンでも売買できます。

polygonのブロックチェーンなら手数料が無料、手数料がかかっても安いので安心してNFTを購入できます。

こんにちわ。

ティージェーです。

NFTが注目されてきましたねぇ。

実際にNFTを購入したいという方もいるのではないでしょうか。

初心者がNFTを購入するなら世界最大手のNFTマーケットプレイス「Opeansea」がおすすめです。

実際にOpenseaでNFTを買うのは簡単です。

一般的には、

1:日本の仮想通貨取引所で日本円でETH(イーサ)を購入

2:ETH(イーサ)を持ち運ぶウォレット(お財布)のMetamask(メタマスク)を作成

3:ETH(イーサ)を取引所からMetamask(メタマスク)に移動

※bitFlyerの方はこちらをご参照ください。

これでOpenseaのサイトでMetamaskと同期しほしいNFTを購入することができます。

でも購入しようと思った方は気づいたと思うんですが購入したいNFT料金よりもガス代(手数料)の方が高い場合があります。

実はこれはイーサリアムの問題点です。

イーサリアム上のブロックチェーン上で何かを購入しようとするとガス代(手数料)であるETH(イーサ)が必要になります。

今の問題はこのガス代です。

これが高い・・・。

そこでイーサリアム以外のブロックチェーン上での取引をすればガス代が安くすみ、ガス代がかからない場合もあります。

NFTマーケットプレイスOpenseaはイーサリアム以外にpolygonというブロックチェーン上でも売買をすることができます。

polygonのブロックチェーン上で作業をするときに必要なガス代はMATIC(マティック)という仮想通貨です。

そのため、まずはMATICを手に入れる必要があります。

MATICの入手方法についてはこちらの記事をご覧ください。

Openseaでpolygonのブロックチェーン上でNFTを購入するとほとんど手数料がかかりません。

前置きが長くなりますが今回はOpenseaでpolygonのブロックチェーン上でNFTを買う方法について解説していきます。

それでは早速いきましょう。

OpenseaでPolygonのブロックチェーン上でNFTを買う方法

ここでもう1度注意です。

Polygonのブロックチェーン上でNFTを購入すると確かに手数料は無料、かかっても微々たるものです。

しかしそのためにはMetamask(メタマスク)にPolygonの設定をしておく必要があります。

もしまだPolygonの設定をしていない方はこちらの記事を見ながら先に設定をしてくださいね。

MetamaskでPolygonが使えるようになったら早速Openseaのサイトにいきましょう。

【Openseaのサイト】

「探索」をクリックします。

ここでOpenseaに登録されているNFTが見れるんですが、イーサリアムやPolygonなどのブロックチェーンが混在しています。

また、登録されているNFTの数もめっちゃ多いので、ある程度絞っていきます。

ページ上部にある「Stats」から「Rankings」をクリックします。

NFTランキング上位から順番に表示されます。

が、イーサリアムのブロックチェーン上のものもありますので更に絞っていきます。

「All chains」から「Polygon」を選択します。

これでPolygonのブロックチェーン上のNFTランキングが表示されます。

更にカテゴリーを絞ります。

ここでNFTの分野を絞ることができます。

今回は「Collectibles」で絞ってみます。

するとPolygonのブロックチェーン上のコレクティブルNFTがランキング上位順に表示されます。

それぞれクリックすると作品を見ることができます。

作品には「現在の価格」や「属性」「作品の紹介」なども見ることができます。

今回はSpaceCatsがとてもかわいいのでこのNFTを購入することにしました。

現在の価格をチェックしたら「Buy now」をクリックします。

赤枠部分にチェックし、次に進みます。

Metamaskが立ち上がり署名を要求されますので署名します。

「Unlock」をクリックします。

もう1度Metamaskが立ち上がるので署名します。

「Sign」をクリックします。

最後に1回Metamaskから署名が要求されますので署名します。

お疲れ様でした!

これで先ほどのNFTの購入が終了です。

早速Openseaの自分のプロフィールを見にいってみましょう。

Openseaの右上の自分のアイコン→「Profile」をクリックします。

すると・・・・

いました〜!

かわいい!!

早速Twitterのアイコンに設定♪

今回はPolygonのブロックチェーン上でNFTを購入したので手数料が無料でした!

自分のMetamaskにPolygonの設定をするのがちょっと難しいですが一度設定してしまえばNFTを買うときや出品するときにほとんど手数料がかかりません。

最初の1つめのNFTを購入するならPolygonのブロックチェーン上で購入するといいですよ。

まとめ【NFT初心者のための図解解説】OpenseaでNFTを安く買う方法

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

OpenseaでNFTを購入するとき、

イーサリアムのブロックチェーン上で購入しようとするとガス代が高い。

そんな時はPolygonのブロックチェーン上でNFTを購入すると手数料が無料、かかってもかなり安いのでおすすめです。

NFTを実際に自分で所有してみるとイケハヤさんがよく言っている

「NFTはファッションです」

ということがよくわかります。

愛着が湧くし新しいNFTが欲しくなるー!

NFTについてまだよくわからない、という方はこちらの記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました