【30日間無料体験+好きな本が1冊ただでもらえます】
Amazonの聴く読書Amazonオーディブル
今なら無料で好きな本(オーディオブック)が1冊もらえます!
※期間内に解約すれば完全無料

無料登録はこちら

【初心者がNFTを始める準備】META MASK(メタマスク)のインストール方法を図解で解説

ティージェーの思う所
この記事は約5分で読めます。

こんにちわ。

ティージェーです。

NFT市場が盛り上がっていますねぇ。

今まさに「NFT市場はバブル」と言ってもいいでしょう。
NFTについてはこちらの記事をご覧ください。

そしてまだまだこれからNFT市場はどんどん伸びていきそうです。

残念ながら日本ではまだこの波に乗っている人はほとんどいません。

しかしこの市場で稼いでいる人はたくさんいます。

そこでこれからNFTに参入したいという人向けに今回はMETA MASK(メタマスク)のインストール方法を解説していきます。

初心者がNFTに出品したい、作品を買いたいと思ったら世界最大のNFTマーケットプレイス【OpenSea(オープンシー)】がお勧めです。

で、OpenSea(オープンシー)で作品を購入したり、出品するためには

【META MASK(メタマスク)の入手、イーサリアムを準備】

をする必要があります。

どちらも簡単にできますが、よりわかりやすように図解で解説していきますね。

NFTの発行方法についてはこちらの記事をご覧ください。

【図解で解説】初心者のための初めてのNFT作成 OpenSea(オープンシー)の登録方法解説

META MASK(メタマスク)ってなに?

まずMETA MASK(メタマスク)ってなんでしょうか

MEAT MASK(メタマスク)は簡単にいうとお財布です。

NFTマーケットプレイスで商品の売買をするときには当然お金が必要です。

NFT市場ではあなたが日頃から使っている日本円での取引されているわけはなく、仮想通貨(暗号資産)を使って取引されています。

OpenSea(オープンシー)で使われる【お金】とは仮想通貨(暗号資産)の1つ【イーサリアム(正確にはイーサ)】になります。

これからOpenSea(オープンシー)でNFT商品を売買しようと思ったらお金(イーサ)を準備する必要があります。

しかし、イーサを準備してもそれを入れるお財布がないとOpenSea(オープンシー)で取引ができません。

そのお財布の役割を果たしてくれるのが【META MASK(メタマスク)】です。

それではNFTマーケットプレイスの1つ【OpenSea(オープンシー)】とはなにか?というと、コンビニやスーパーなどのお店だと思ってもらえればわかりやすいでしょう。

META MASK(メタマスク)とはイーサを保管するためのお財布です

META MASK(メタマスク)のインストール方法

では早速META MASK(メタマスク)のインストール方法を解説していきます。

MEAT MASK(メタマスク)はGoogle Chromeのプラグインですので、まだGoogle Chromeをインストールをしていない方はGoogle Chromeをインストールしてください。

Google Chromeをインストール後、検索窓で【メタマスク】と入力し検索してみましょう。

META MASK(メタマスク)のトップページに移動したら下記の手順ですすんでください。

まずは【開始】をクリックします。
はじめての場合は右側をクリックしましょう。
問題がなければ同意します。

続いてMETA MASK(メタマスク)のパスワードを作成します。

パスワードは8文字以上で設定してください。

パスワードは必ずメモしてなくさないように注意しましょう。

パスワードを入力したら使用条件の同意欄にチェックを入れ「作成」をクリックしてください。

「ウォレットの保護」に問題がなければ「次へ」をクリックします。

次に【秘密のバックアップフレーズ】が表示されます。

これはパスワードを忘れた時や別のブラウザなどに乗り換える際に、ウォレット
自体を復活することができるワードです。

【鍵】の部分をクリックすると表示されますので間違えないようにメモをしておきましょう。

META MASK(メタマスク)の入ったPCが壊れた時など、これがないと復活できませんので超重要です。

下手したら資産がなくなりますからね。

しっかりと保管しましょう。

「次へ」をクリックすると先ほど表示された秘密のバックアップフレーズを順番に入力していきます。

正しく入力できたら「確認」をクリックします。

これでMETA MASK(メタマスク)が作成できました。

いかがでしたか?

簡単にイーサを入れるお財布をゲットできました。

あとはコインチェックやbitFlyerなど仮想通貨交換所でイーサを購入し自分のウォレット(META MASK)に送金するだけです。

まとめ【初心者がNFTを始める準備】META MASK(メタマスク)のインストール方法を図解で解説

最後まで読んでいいただいてありがとうございました。

NFTで商品の売買をするためには自分のウォレットが必要です。

世界最大のNFTマーケットであるOpenSea(オープンシー)で必要なのはイーサとイーサを入れておくMETA MASK(メタマスク)です。

今回はMETA MASK(メタマスク)のウォレット作成方法を解説してきました。

META MASK(メタマスク)の使い方やイーサの購入方法についてはまた記事を書こうと思います。

タイトルとURLをコピーしました