【30日間無料体験+好きな本が1冊ただでもらえます】
Amazonの聴く読書Amazonオーディブル
今なら無料で好きな本(オーディオブック)が1冊もらえます!
※期間内に解約すれば完全無料

無料登録はこちら

【図解で解説】初心者のための初めてのNFT作成 OpenSea(オープンシー)の登録方法解説

ティージェーの思う所
この記事は約9分で読めます。
Aさん
Aさん

今NFTって流行ってるわよね。

私でもNFTを作れるのかしら。

ティージェー
ティージェー

OpenSea(オープンシー)という今一番大きなNFTマーケットプラットフォームを使えば簡単にできますよ。

僕も実際にOpenSea(オープンシー)を使ってNFTを作ってみましたが超簡単でした♪

こんにちわ。

ティージェーです。

今、NFTが盛り上がっていますね。

NFT市場は今後ますます大きくなっていくはずですので、これからNFTを購入したり出品したいという方の参考になれば嬉しいです。

NFTについてはこちらの記事をご覧ください。

今回はNFTマーケットプレイスの中で今最も大きい「OpenSea(オープンシー)」でNFTを作成する方法を解説したいと思います。

NFTの作成までは無料でできますのでぜひ自分のNFTを作ってみてください。

このブログ記事では

主な内容

・OpenSea(オープンシー)ってなに?

・OpenSea(オープンシー)の登録方法

・OnenSea(オープンシー)でNFTを作成する方法

をNFT初心者の方でもわかりやすいように図解入りで解説していきます。

ちなみにOpenSeaでNFTを作ったり、NFTの売買をするにあたりMETA MASK(メタマスク)で仮想通貨のウォレット(お財布)を事前に作っておく必要があります。

まだMETA MASK(メタマスク)を作っていない方はこちらの記事を参考にしてください。

それでは早速OpenSeaを触ってみましょう。

【図解で解説】初心者のための初めてのNFT作成 OpenSea(オープンシー)ってなに?

ティージェー
ティージェー

NFTは無料で発行できるNFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)を使いましょうか。

Aさん
Aさん

NFTを無料で作れるのは嬉しいわ。

OpenSea(オープンシー)ってどんなものなの?

OpenSea(オープンシー)は2017年12月に誕生し、今では世界で一番大きなNFTのマーケットプレイスです。

簡単にいえばデパートのようなものですね。

そう、世界で一番大きなNFTのデパートなんです。

もちろんNFTのマーケットプレイスは他にもRaribleMintableなど様々あります。

その中でもOpenSea(オープンシー)はNFTの作成まではなんと無料ででき、少し翻訳はおかしくなりますが日本語にも対応していますので初めてNFTを触る方にとっては一番使いやすいマーケットプレイスです。

【図解で解説】初心者のための初めてのNFT作成 OpenSea(オープンシー)の登録方法

ティージェー
ティージェー

それではまずOpenSea(オープンシー)に登録し、META MASK(メタマスク)と接続するところをご説明します。

OpenSea(オープンシー)の登録にはMETA MASK(メタマスク)でウォレットを作っておく必要があります。

META MASK(メタマスク)の作り方は下記のブログ記事で解説しています。

【初心者がNFTを始める準備】META MASK(メタマスク)のインストール方法を図解で解説

META MASK(メタマスク)でウォレットを作ったら早速OpenSea(オープンシー)のサイトに行きましょう。

OpenSea(オープンシー)のサイトはこちらから

OpenSea(オープンシー)トップページの「作成」をクリックします。

キツネが表示され、その下の「Sign In」をクリックしましょう。

すると自動でMETA MASK(メタマスク)が立ち上がります。

しようするアカウントを選んで「次へ」をクリックします。

OpenSea(オープンシー)とMETA MASK(メタマスク)を接続しますので下の「接続」をクリックします。

最後に署名を要求されますので「署名」をクリックします。

これでOpenSea(オープンシー)とMETA MASK(メタマスク)の接続が終了したので、あとはOpenSea(オープンシー)でNFTの発行や売買などができるようになります。

Aさん
Aさん

OpenSea(オープンシー)とMETA MASK(メタマスク)の接続は意外と簡単ね♪

【図解で解説】初心者のための初めてのNFT作成 OnenSea(オープンシー)でNFTを作成する3つのステップ

ティージェー
ティージェー

接続が終わったらいよいよNFTを作成していきます。

それではいきましょう。

OpenSea(オープンシー)でNFTを作成するためには大きく3つステップで作成できます。

主にはこんな感じ。

NFT作成の3ステップ

ステップ1:OpenSea(オープンシー)でアカウント認証/プロフィール作成をする

ステップ2:NFTを管理するフォルダ(My Collections)の作成

ステップ3:NFTの作成

ステップ1:OpenSea(オープンシー)でアカウント認証/プロフィール作成をする

まずはOpenSea(オープンシー)のアカウント認証を行います。

管理人画面右上(Createの横)の丸い箇所をクリックし、「My Account Settings」をクリックします。

自分のユーザー名や説明、メールアドレスを入力します。

Username:ユーザー名を決めます。

Bio:自己紹介欄です。

Email Address:メールアドレスを入力します。

最後に「Save」をクリックすると入力したメールアドレスにメールが送られてきます。

そこにリンクが貼ってあり、そこからログインすることでOpenSea(オープンシー)の認証が完了します。

続いて自分のプロフィールを設定します。

管理人画面右上(Createの横)の丸い箇所をクリックし、「My Profile」をクリックします。

ここでは自分のロゴなどを貼り付けることができます。

ステップ2:NFTを管理するフォルダ(My Collections)の作成

では続いて、NFTを管理するフォルダ(My Collections)を作成します。

My Collectionsは同じ種類のNFTを管理するために使います。

例えば犬や猫などのNFT画像を管理するには「Animals」や「Pets」などでMy Collectionsを作成しておくと探しやすいですよね。

My Collectionsを作成するには、管理人画面右上(Createの横)の丸い箇所をクリックし、「My Collections」をクリックします。

「Create a collection」をクリックします。

あとは詳細を入力していきます。

最初にイメージ画像を入れます。

イメージ画像はあとで変更できるのでそんなに難しく考えずにまずは入れてみましょう。

次にフォルダの名前を「Name」に入力します。

Name:フォルダの名前

URL:自社サイトなどあれば入力しておくとリンクが貼られます。

Description:どんなNFTが入っているかの説明

自分のNFTに当てはまるカテゴリを選択します。

Twitterやインスタなどあれば「Links」にサイトのURLを入力します。

で、次が結構NFTの素晴らしいところです。

一般的には例えばAという絵を1,000円で販売しようと思ったら、1度売ってしまうとそれで終わりですよね。

しかし、NFTは2次販売した時の利率を決めることができます。

例えば、AというNFTを1,000円で販売します。

そのNFTに2次販売した時の利率を10%と設定したとします。

BさんがAを1,000円であなたから購入し、その後BさんはCさんにAを2,000円で販売するとそのうちの10%があなたに入る仕組みです。

これ、衝撃的。

2次販売時のパーセンテージは一般的には10%ぐらいといわれています。

Royalties:2次販売した時の利率

Percentage fee:ここに何%か設定しておきます。

Your payout wallet address:META MASK(メタマスク)のアドレスを入力します。

最後にフォルダの中にNFTを作成した後、NFTが表示されるデザインを選び「Create」をクリックします。

Aさん
Aさん

英語ばかりだけどなんとかここまで終わったわ。

ティージェー
ティージェー

あともう少しです。

いよいよNFTの発行をしていきますね。

ステップ3:NFTの作成

NFTを入れるMy CollectionsができたらいよいよNFTを発行していきます。

OpenSea(オープンシー)の管理画面の右上の「Create」をクリックします。

NFTにしたい画像や音声、写真などをドロップします。

「name」には作品のタイトルを記入します。

自分のサイトがあれば「External Link」にアドレスを入力します。

「Description」には作品の説明を記入します。

「Collection」でどのフォルダにそのNFTを入れるかを選択できます。

「Supply」はそのNFTの発行数を決められるみたいですが、ブログを書いている今現在は1つしか発行できません。

最後に「Create」をクリックすれば、あなたのNFTが発行されます。

ティージェー
ティージェー

お疲れ様でした!

これで無事NFTの発行が完了しました。

作成したNFTは値段をつけなくてもOpenSea(オープンシー)のサイト内でこんな感じでみることができます。

まとめ【図解で解説】初心者のための初めてのNFT作成 OpenSea(オープンシー)の登録方法解説

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

NFTの発行は誰でも簡単にできます。

世界で一番大きなNFTマーケットプレイスのOpenSea(オープンシー)なら自分のNFTの発行までは無料です!

NFTの発行までのステップは大きく3つです。

NFT発行までの3つのステップ

ステップ1:OpenSea(オープンシー)でアカウント認証/プロフィール作成をする

ステップ2:NFTを管理するフォルダ(My Collections)の作成

ステップ3:NFTの作成

もちろん作成したNFTは販売することもできます。

まだNFTを作ったことがない方は無料で作れますのでぜひ一度挑戦してみてください。

タイトルとURLをコピーしました